FXStreet - TD証券のストラテジストによると、目先NZドルは下降の動きを再開する。

主な引用

第4四半期消費者物価指数(火曜日/水曜日)の発表は、来週のニュージーランド準備銀行(RBNZ)の政策会合の前準備となる。

弊社は四半期比で、市場の予想(マイナス0.2%)とRBNZの予想を下回る、マイナス0.5%を予測する。

そうなれば、RBNZは緩和バイアスを強めるか、少なくとも緩和バイアスが信憑性のあるものだと思わせるだろう。

同時に前回の入札(12月15日)以降、粉乳の先物価格が12%近く落ち込んで初めての酪農品入札が今週実施される。

これらのコンビネーションがNZドルに圧力となり、今週さらに値下がるだろう。NZドル/米ドルの主要ピボットは0.6430だ。同水準からしっかりと下方に動けば、0.6235周辺のサポートをターゲットにする。次に8月安値の0.6130が続く。

** FXStreet Newsroom, FXStreet **