FXStreet - NZドル / 米ドルがさらにやや下落し、2015年10月以来の低水準から回復しようと試みている。NZドルは、米ドル高によって、痛手を受け、中国発の年初での株価暴落など株価や原油の下落が投資家をパニックへと導き、市場が懸念を示して�る。

人民元レートが安定を見せ始め、すでに株価の変動においては、最悪の事態は終わったとの見方もあるが、NZドルは、弱気地合から立ち直れず、0.64台を割り込むと、0.62へと向かう可能性が高い。主要イベントとして、来週は、第4四半期CPIとGDT乳製品価格入札が予定されている。

NZドル / 米ドルの見通し: 弱気地合 – ウエストパック銀行

テクニカル的に、ウエストパック銀行のアナリストは、NZドル下落の見解を維持。「基調: 最初の3か月はNZドル低迷と予想。モメンタムは下降しており、0.6430を割り込み下落すると数か月ぶりの低水準0.62へと向かうことになる。」と指摘。

11月安値の0.6428を割り込むと、新たな8月安値0.6220が控えている。RSI (14)は、1時間足と4時間足で、売られ過ぎ領域から離れ調整局面に入っている。0.6380を試す可能性もあり、100DMAの0.6576の下方にあるうちは、弱気地合が持続している。」

** FXStreet Newsroom, FXStreet **