エコノミックカレンダー


時間帯:お住まいの地域に合わせ、タイムゾーンを変更することができます。 時計アイコンまたは右上のユ ーザーアイコンをクリックし、タイムゾーンを選択してください。

地域のパートナーブローカー


リアルタイムエコノミックカレンダーは、世界の金融イベントや指標を取り上げています。新しいデータが発表されると自動更新されます。リアルタイムエコノミックカレンダーが提供するのは一般的な情報です。トレードを指導するものではありません。FXStreet は、できる限り正確な内容を提供するようししていますが、データ量が大きく公式ソースが多岐にわたるため、FXStreet は不測の出来事に対する責任は負いかねます。またリアルタイムエコノミックカレンダーは、事前の通知なく変更されることがあります。


エコノミックカレンダーとは?

FXStreet は以下のような世界の金融イベントや指標を提供します。

  • 42ヵ国から1,000 件のイベント
  • データ公表時に自動更新
  • カウントダウン(公表までの時間)
  • お住まいの地域に合わせてタイムゾーンをカスタマイズ
  • サウンド通知(消音可能)
  • モバイルデバイスで使い易い
  • 履歴グラフ
  • 関連ニュースやレポート
  • フィルター(国、日付、イベント種類、変動影響またはキーワード)


使用する理由

FX マーケットでもっとも完成度が高く正確でタイムリーなエコノミックカレンダーです。

当社は、専任の経済学者およびジャーナリストのチームを抱え、月曜から金曜まで24時間データを更新しています。 ブローカーおよびマーケットメーカーがトレードツールとして顧客に FXStreet カレンダーを提供します。

FXStreet カレンダーに信頼性や評判が高く、広く利用されているツールであることの証です。

ファンダメンタルトレーダー、ニューストレーダーにとってはマストなアイテムです。

ファンダメンタル分析によってFX取引を行うには、もっとも活発に取引をしている通貨の国をよく観察し、マクロ経済データ(GDP、雇用、消費データ、インフレなど)上で世界の経済がどのように動いているか確認する必要があります。

当社のエコノミックカレンダーは、皆さんのガイドです。つねにお手元のコンピュータ上で開いているタブです。

取引時にマクロ経済を参照していない場合でも、有用なツールです。

  • ショックを避けるために:取引を有利に行うために、高い変動データの公表が予想されるタイミングを確認することができます。

使用方法

それを読むには?

  • タイミング 

データはすべて日付ごとに時系列で表示されます。公表済みデータには「残り時間」列の下にある()にチェックマークが入ります。薄いグレーの横線が現時点での位置を、その下が次のデータを示します。新規データが公表されるとカレンダーのページが自動でリフレッシュされるので、見逃すことはありません。公表時に音声による通知を設定することもできます。頼りになります。信頼性があります。

  • 通過

国旗のアイコンがデータ公表の国を表します。その隣に通貨が表示されます。素早く目を通し、当日または指定日に影響を受けている通貨を確認することができます。

  • 変動

エコノミックカレンダーでは、短縮して「vol」とします。黄色/オレンジ/赤のバーで表示されます。ボラティリティとは、通貨データの予想インパクトを示す指標です。バーが赤で長ければ、マーケットを見守る人は、このデータがFXマーケットを動かす可能性が高いと予想することができます。バーが黄色で短ければ、可能性は低いと考えられます。オレンジはその中間です。

  • 実データ/コンセンサス/前回

すべてのエコノミックカレンダー指標では、前回の数字が表示されます。それは、以前に公表された直近データです(データの公表頻度は不定期です。よって前回とは先月、前四半期などです)。ほとんどの指標には「コンセンサスナンバー」を追加しています。それは、数字の結果について専門家が一般的に合意しているものです。実データが公表されると、それは変動インジケーターの右に表示されます。予想より良かったですか?それとも悪かったでしょうか?コンセンサスデータを公表した場合、それはグリーン(データが予想より良かった)または赤(データが予想より悪かった)で表示されます。

データのフィルター

あるタイプのデータに注目をし、その他は無視しようと思うことがあるかもしれません。ノイズが少ないのは、効率が良いということです。エコノミックカレンダーの上部にある[表示する]フィルターボタンをクリックします。キーワードを入力する、または国、データ範囲、イベント分類、変動レベルを選択することもできます。カレンダーを閲覧するときはいつも同じデータを表示したいなら、次の閲覧に備えて設定を保存することができます。効率について話しましたよね。

データについて情報を得る

データを一目見ただけでもっと情報を提供することができます。イベント名をクリックするだけで、より多くの情報のあるスペースが展開されます。

  • イベントの定義(何、公表元、通貨に対する意味など)
  • 公式レポートへのリンク(データが公表された場合)
  • 国およびデータページへのリンク(チャートに入れて他のデータと比較するデータ履歴を表示する場所)